スポンサーリンク

赤ちゃんハワイ旅行記2日目:フードパントリー〜クヒオビーチ〜ハイズステーキハウス

赤ちゃん連れハワイ旅行2日目です。

今日はワイキキについて2日目なので、まずはホテルの近くを歩いて散策。
その後海(クヒオビーチ)で泳いで、ランチにはウルフギャングパックエクスプレスを利用。
カイコーヒーでコーヒーを楽しんで、夜は新婚旅行のお祝いに高級レストラン・ハイズステーキハウスへ行きました。

スポンサーリンク

ワイキキのスーパーマーケット、フードパントリー

ワイキキの中心街にあるスーパーマーケット、フードパントリーに行きました。
街中にあるスーパーでは最近まで唯一だった場所です。
(2017年夏に近くにもう一つオープンしましたが)

子連れなら、最初のうちに品物をチェックしておきたいスーパーの一つ。

場所はこちら。
2370 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815

赤ちゃん用品が豊富、オムツも多種類

オムツはかさばるので、現地で買おうという方も多いアイテムの一つ。

郊外のホールフーズマーケットなどがよく案内されていますが、ワイキキタウンのフードパントリーにも、十分な種類のオムツがありましたよ。

安心のパンパースもあります。

離乳食、ベビーフード

離乳食も、かなりの数あります。売り場面積としては、この棚がもう一つ分くらいでしょうか。

多くは離乳食初期向けの、ペースト状のものがほとんどです。

うちの子供は離乳食後期だったので、ちょうどいいものは置いてないな〜と感じました。
(よくよく見ればあったのかもしれませんが、ぱっと見はペーストがほとんどです。)

フルーツ系が多いかな。

離乳食中期向けとしては、肉と炭水化物(オートミールとか)と野菜を、全部一つにぶっこんだ(笑)実にアメリカらしいものもありました。

食育という観点からはともかく・・・一つ食べさせれば良いので楽ではありますね。

私は赤ちゃん向けおやつに、バナナクッキーを買いました。

おしゃぶり、スプーンやフォーク、マグマグなど

こちらは、赤ちゃん用品の数々。

おしゃぶりやマグマグも、複数種類あります。
このコーナーについては、日本のスーパーと比べても充実しているのではないでしょうか。

珍しいので、ママ友なんかのお土産品にも良さそうですね。

スポンサーリンク

クヒオビーチは赤ちゃんにも優しいプールのような海

ハワイで楽しみにしていた海。

滞在中何度も入れるように、1回目は早いうちにトライしてみたかったので海に行きました。

自分の水着はABCマートで調達。
ビキニがほとんどですけど、上にきるようなタンクトップも並べて売ってあるので、ビキニはちょっと・・・という人でも抵抗なく着れますよ。

こちらがクヒオビーチ。
ワイキキのビーチの中では、ヒルトン前のデューク・カハモナク・ビーチと並んで小さい子供向けと言われているところです。

防波堤で仕切られていて、その内側には大きな波が来ないようになっています。

上記の写真は、引き潮時の写真。
かなりの遠浅です。
(満ち潮時は、所によっては大人でも足がつかない深さになります。)

赤ちゃんは夫に見てもらって、まずは一人で思う存分漂って来ました。

日本人は少なかったかな・・・?みんな海で遊ばないのかな〜。

その後、赤ちゃんを少しだけ海につけました。
赤ちゃん、生まれて初めての海。

また付きの浮き輪に乗って、プカプカと海を楽しみました。
弱い波がきて体がフワフワして、足をパタパタさせてました。

ただし、波打ち際は波の引きが強いので、浮き輪を使いたい人は少し先まで進んだ方がかえって安全です。
ご注意ください。

ウルフギャングパックエクスプレス

ランチは、ホテルの近くにある「ウルフギャング・パック・エクスプレス」にしました。

こちらはマリオットホテルの1Fにあるファストフード的なイタリアンで、かの有名なウルフギャングステーキと同系列のお店のようです。

ピザやパスタがリーズナブルなお値段でたべれます。

フレンチフライがとてもおいしい。
手づかみしたいお年頃の赤ちゃんが、モリモリ食べてました。(なんでも食べさせる主義の我が家)

このお店はイタリアンといいながらも、アメリカンな思い切りの良いメニューが本当に気に入ったので、この先もちょくちょく利用しました。

カイコーヒー

画像出典:https://kaicoffeehawaii.com/pages/gallery

ハイアットリージェンシーの1Fにある、カイコーヒーに行きました

コーヒー好き夫婦としては、ハワイのコーヒーをちょくちょく試したいという思いがあったので、まずは手近な場所で評判の良さそうなここへ。

ドリップコーヒーを頼んだところ、普通のブレンドが出て来ました。

レストランへ行く前に寄ったので、時間もなかったしね。
一杯ずつドリップしてくれるようなサービスは、さすがに客の多いこの辺じゃ難しいのかな・・?

作り置きのわりに、さすがに美味しかったです。

ハイズステーキハウス

夕食は、ハイズステーキハウスに行きました。
ホテルの日本語対応コンシェルジュさんにオススメされたステーキハウスです。

クヒオ通り沿いの東側で、この付近はワイキキの中でも東側にあり、ここらはファミリー向けのホテルも多く集まる地域。

場所はこちらです。

ハイズステーキハウス(公式サイト)

2440 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815


店内はかなり高級な感じの内装で、実際値段も高級・・。

新婚旅行のお祝いにと来ましたが、カジュアルさはまったくなし。
お祝いにちょうどいいようなレストランでした。

ドレスコードは、女性は特になし、男性は露出のない靴(スニーカーでもいいらしい)と襟のついたシャツ(ポロシャツでもOK)だそうですよ。

Tボーンステーキ

オススメされていたTボーンステーキを頼みました。
一皿750gくらい。(骨込み)

私たちはシェアして食べたけど、美味しすぎて一人で一皿食べれる勢いでした。
他にも、ラムステーキやリブアイステーキ、ヒレステーキも良さそうでしたね。

運ばれて来たステーキは、目の前で切り分けてくれます。
シーザーサラダやチョコレートファンタジーといったデザート類も、目の前でパフォーマンスをしてくれて、演出で盛り上げてくれます。

最初に出て来たチーズブレッド。
柔らかくて、離乳食後期の赤ちゃんがもりもり食べてました。

チョコレートファンタジーとかそういう名前のデザート。

チョコレートとバター、リキュールを使ったチョコレートソースを、アイスの上からかけてくれます。

目の前で調理してくれる演出で、チョコレートソースを作ってくれました。
リキュールを炎上させるパフォーマンスをしてくれて、赤ちゃんが驚いてみていました。

本日の出費

二日目の出費。
ステーキハウスはさすがに高かったですね。

ランチ:ウルフギャングパックエクスプレス $40.63
カイコーヒーでアイスコーヒー2つ $9くらい(忘れた)
フードパントリー $5.95
ハイズステーキハウス $183.80
————————
total 飲食:$238.38
お買い物:$0

赤ちゃんハワイ旅行記2日目:フードパントリー〜クヒオビーチ〜ハイズステーキハウス
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする