スポンサーリンク

赤ちゃんハワイ旅行記1日目:ANA787〜ANAスイートラウンジ〜パシフィックビーチホテル(現アロヒラニリゾート)

0歳10ヶ月の赤ちゃん連れのハワイ旅行記、1日目です。
今日は羽田空港でのANA搭乗から、ANAスイートラウンジ、チャーリーズタクシー、パシフィックビーチホテル(現在のアロヒラニリゾートワイキキビーチ)到着までです。

滞在中は連泊でパシフィックビーチホテルのプレミアムオーシャンフロントに泊まっています。お部屋は改装後なので、現在のアロヒラニリゾートとまったく同じです。

スポンサーリンク

羽田発のANAホノルル線

子連れハワイの初日は、北海道から羽田への国内線、そして羽田からホノルルへの国際線の乗り継ぎです。

これを1日で駆け抜けます。0歳10ヶ月の子連れとしては結構な冒険。

無事にホノルルに着きますように。

飛行機は初めてではない赤ちゃん。初搭乗は6ヶ月のときで、北海道〜羽田、羽田〜宮崎を乗り継いでいるので、その時の体験をもとになんとかなると信じて。

ANA SUITE LOUNGEに来た

国際線までの乗り継ぎに6時間も空くため、休めるようラウンジのチケットを入手しました。

ANA SUITE LONGE。ダイヤモンドメンバーやファーストクラスのお客様、あるいはチケットを持っている方が使えるラウンジです。
入ってみたかったので、オークションで入手したチケットで来ました(笑)。

ソファ席がたくさんあって、子連れなので人がいないところを選んで。

軽食サービスコーナー。
赤ちゃんは大人のとりわけで食べれるところまで離乳食が進んでいるので、タマゴサンドを美味しそうに頬張ってました。

こちらはきつねうどん。これも赤ちゃんと一緒に。
もちもちしてて美味しいです。

ヌードルバーには、うどんやパスタがありましたよ。頼んだら作ってもらえます。

ビーフバーガー。
これが一番美味しかったんじゃないかな・・・いいバーガーです。

ご飯を食べてシャワーを浴びたら、赤ちゃんが泣き出したのでラウンジは退室。
食事とシャワー目当てだったのでなんとか目的は果たせました。

ラウンジの感想としては、赤ちゃんが泣き出したら退室するのであれば利用できる感じです。
本当はDining hのディナーが食べたかったところだけど、さすがに子連れでこれは諦め。

スポンサーリンク

羽田空港国際線(出国エリア)のキッズスペース

子連れのオアシス、キッズスペースへ。

アスレチックで大はしゃぎする赤ちゃん。これで、思う存分立っちの練習ができます。

飛行機の搭乗時刻は21:30。まだお盆に入る前の時期だからか、出国エリアも全体的に人が少なく。
キッズスペースは貸切でした。ここで2時間も遊んでました。
最後はぐずって大泣き。機内じゃ大泣きできないので、ここで泣かせて疲れさせる作戦に。

無事、搭乗するときには抱っこで夢の世界へ旅立っていました。

これなら飛行機も楽勝!と思ったのですが、まあオチは予想できますね・・・(笑)

ANA B787のバシネット

念願のB787ですよ!

2011から導入されている型で、今では最新というわけじゃないけれど、なかなか乗れる機会もないので楽しみにしてました。
羽田線に投入されたのはつい最近・・というかまさにこの夏からじゃないかな。

こちらがバシネット。
相変わらず、上のカバーがめっちゃ邪魔ですね。これをつけないとCAさんに注意されてしまいます。

結局、ここで寝たのはトータルで2回、1回につき1時間かな・・・
寝返りできないので泣いて起きちゃうんです。10ヶ月は体格的には許容範囲なのですが、寝返りしだすと難しいということが判明しました。

結局搭乗の間中、ママが抱っこすることに。(後追い時期でママへのこだわりが強い)
結構大変でしたね。

機内では夕飯にロコモコ風のご飯が出ました。
夜10時を回っているからか、少なめサイズでちょうどよく、これも完食。食べすぎである。

ANA787のバシネット席と機内設備については、帰国編でも少し触れています。

赤ちゃんハワイ旅行記6日目:ホノルル空港のお土産〜ANA機内食ベビーフード〜羽田空港からの小児科
赤ちゃんハワイ旅行記6日目:ホノルル空港のお土産〜ANA機内食ベビーフード〜羽田空港からの小児科
0歳10ヶ月の赤ちゃん連れのハワイ旅行、6日目です。 楽しかった旅行も終わり、今日はついに日本へ帰国する日です。 朝からおむすびカフ...

ワイキキ到着〜入国審査

いよいよホノルル空港に到着。
機内での赤ちゃんは、基本的にはずっと寝ていました。抱っこじゃ寝づらいからちまちま泣いて起きてましたけどね・・・。

到着する1時間前には目を覚まして、お目目パッチリ。

入国審査は長打の列なので、これは持つかな・・・?と心配したのですが、なんと赤ちゃん連れは優先レーンへ!

「baby〜No.4〜(赤ちゃん連れはこっちね)」と誘導してる人がいて、赤ちゃん連れに対する優しさを感じました。

日本が一番子連れに厳しい社会なんじゃないか・・・?と痛感。

チャーリーズタクシー

空港〜ワイキキ間が定額29ドル(チップ別)

空港からワイキキへは、あらかじめ日本から予約しておいた、チャーリーズタクシーで向かいます。

チャーリーズタクシー定額送迎
ワイキキ:$29(通常メーター料金:$35−38)

日本から予約しておき、空港に着いたら電話で連絡をすると来てくれる、というシステムです。

チャーリーズタクシー(定額送迎)

公衆電話から呼ぶ

無事に入国を済ませ、予約していたチャーリーズタクシーを呼びます。

タクシーを呼ぶための専用電話ボックスを使おうとしたのだけど、使い方がわからず・・普通に50セント入れる公衆電話から呼びました。

ソフトバンクのアメリカ放題適用で、無料で携帯からも電話できるはずなんだけど、これも使い方わからなくて・・・(笑)

事前に調べておけばよかったな。

ホノルル空港は外との吹き抜けになっていて夏は結構暑いので、ゆっくり調べるのがしんどかったんです。

タクシー乗り合いスペースは大混雑

チャーリーズタクシーに電話をすると、個人出口からでた6番の柱付近で待機するよう言われる。
そのエリアには色々なタクシーが所狭しと集まっていて、ドライバーが「xxxサーン!」と声をかけながらお客を探してくれます。

到着まで10分以上かかったかな。待ってる間はちょっと不安でした。
赤ちゃんは、ここに来てまたベビーカーで爆睡。

無事にドライバーさんに見つけてもらい、タクシーでホテルへ出発。

荷物を載せてくれたのでチップ渡しました。これが入国後お金を使う最初の機会なので、1ドル札を折ってポケットにでも入れておきましょう。

赤ちゃんいるとそういうとこに気が回らなくて、あわてて用意しました。

ハワイのハイウェイは比較的おだやか

初めてのハワイのハイウェイ。
今回レンタカーを運転する予定なので、タクシーの運転をみて勉強します。

基本的には穏やかと言われているハワイの運転事情。確かに、なかなか平和な道路状況です。

ただ、車線変更はアクティブというか積極的というか、どんどん変更していく感じですね。

ウィンカー出さない人も多いので、隙間があれば入って来る感じ。
逆にいうと、どの車もある程度一定の速度で運転しているということ。

無茶な追い抜きなんかはないので、空いてるな〜と思えばするっと車線変更できる感じです。
そういう意味で、穏やかです。

ちなみに、支払い時はカードを使ったんですが、はじめてのハワイのクレジットカードに戸惑って何度も失敗・・・使い方わからない!(笑)

運転手さんに「グリーンボタン!」「はい今入れて!」「抜いて!」って何度も指示されてようやく成功。ご迷惑おかけしました。

ABCストアなんかでも同じタイプのカードリーダーだったので、タクシーで教えてもらった経験が後々役に立ちました。

パシフィックビーチホテル(現アロヒラニリゾートワイキキビーチ)・プレミアムオーシャンフロント

アロヒラニリゾートワイキキビーチ・プレミアムオーシャンフロントからの景観

今回のホテルは、何がなんでもオーシャンフロントがいいという私の強い希望で、パシフィックビーチホテルのプレミアムオーシャンフロントへ。

現在のアロヒラニリゾートワイキキビーチです。
部屋の写真などを載せた記事はこちら。

アロヒラニリゾートワイキキビーチ・プレミアオーシャンフロントの部屋を紹介!(旧パシフィックビーチホテル)
アロヒラニリゾートワイキキビーチ・プレミアオーシャンフロントの部屋を紹介!(旧パシフィックビーチホテル)
2017年に大幅改装しオープンしたアロヒラニリゾートワイキキビーチ(旧・パシフィックビーチホテル)のプレミアオーシャンフロントに泊まりました...

改装前の状態では、かなりの破格だったのです。

素晴らしい眺めです。

  

無事に到着してくつろぐ赤ちゃん。飛行機大変だったね・・。
予約は、ホテルのサイトから直接予約しました。

直予約が最も割引率が高く、かつ部屋も優遇してもらえる手段だと思いますよ。
ただ、チェックイン数日前にメールがきて、「追加料金で高階層を確約できる」とのことでした。一泊$18の追加。5泊なので$90の追加。

足元みてるなぁ〜・・・

仕方なく有料で追加しました。
なぜって、こういう仕組みだと上から埋まっていって「払いたくないけど高階層がいいな」って思ってる人が上に行ける確率下がってしまいますからね。

そして、お金を出してでも高階層を確約したい一番の理由がこれ。

現在改装中のホテル。プレミアムオーシャンフロントは確か6Fより上なんですけど、低階層だとこの工事現場が近くなっちゃうんですよ・・・。
これが、お金を払ってでも上がいいと思う理由です。

パシフィックビーチホテル・プレミアムオーシャンフロント・シャワー

こちらは気になっていたバスルーム。
バスタブとシャワーは部屋によってはついてなかったりするそうです。
赤ちゃん連れだったので気を使ってくれたのか、たまたまなのか。このお部屋は、可動シャワーでした。

バスタブはお湯が溜めれることは溜めれる仕様になっています。でも、溜めて使う人はあまりいなそうなので、衛生的にあまり気分がよくないかな・・という感じです。

ユニットバスでとなりトイレだし。

お昼ごはんはホテルのバーで

パシフィックビーチホテルのバー・O-BAR

この日は午前中に到着する便で、ホテルについたらお昼時でした。

とりあえずロビーへいってみたら、もうチェックインしてくれるそう。

新しくオープンしたてのO-BARの、ウェルカムドリンクチケットをもらえました。
赤ちゃんも疲れているし、外に食べにいくのも疲れてしまったので、バーのおつまみでランチがわりにすることに。

パシフィックビーチホテルのバー・O-BARのメニュー

カクテルのメニューとおつまみ。
ウェルカムドリンクは、コーラかMAI TAIというカクテルのどちらかだそうで、コーラにしました。
料理の写真は残念あがらありません・・(赤ちゃんいると写真とる余裕がなかなかない)

アヒポケのディップと、チキンウィングをオーダー。
ディップについてるフォカッチャが美味しくて、赤ちゃんと一緒に食べました。

赤ちゃんとのシェアにはチキンウィングを期待してたんだけど、こちらはいわゆる「名古屋の手羽先」風で、タレががっつりからんでたので・・・大人が食べることに。

赤ちゃんはアヒポケのディップ付きフォカッチャを、もりもり食べてました。

いきなり失敗談。バーでのチップは手渡しで渡そう

ここでのチップの支払いでちょっとしたすれ違いがありました。

会計時に、支払い票に手書きでチップ料金書いたのです。
カードを切ろうとしたら切れず(原因は不明・・私のカードが磁気不良だったのか)、現金で払うことになったんです。

$26.48の支払いに$4のチップをのせて、トータル$30.48と伝票には記載しました。
そして$20を2枚、$40を渡しました。

「支払い票にチップ料金も書いた」ので、お釣りはチップ文を引かれて$9ちょい帰って来ると思ったんですね。
そして、もらったお釣りの額をよく見ず財布にいれてしまったのです。

しかし実際はチップは払われておらず。
チップは、お釣りをもらった後のバインダーにチップを挟んで手渡すべきだったようです。(二度手間だ・・・)

ウェイトレスさんに「チップ・・」って言われたんだけど、こちらとしては「? さっきチップ料金も書いたでしょ?」と思ってしまい、これがすれ違いの原因に。

うまく会話できればよかったんですけどね。英語得意じゃないのでイレギュラーなこと起こるとスムーズに話せなくて・・。
こちらが不思議そうな顔をしていたらウェイトレスさんががっかりして下がってしまったので、その場ではそれで終了になってしまいました。

結局、部屋に戻ってからおかしいな〜と思ってお釣りの額を確かめたらチップとられていないことに気づいて・・・戻って謝ってチップ文を渡しました。

バーでのチップはウェイトレスさんへ手渡しで渡しましょう。

ホテルのコンシェルジュ

ホテルにはコンシェルジュがいて、色々な予約の手配をしてくれたり、質問に答えてくれたりします。
パシフィックビーチホテルには日本語担当のコンシェルジュさんがいました。

どうやら提携している旅行系サービス会社の人のようです。
レストランの予約もしてくれるというので、オススメというハイズステーキハウスの予約をしてもらったんですけど、チップは受け取ってくれませんでした。

なんで?と思ったら、我々はなんとかかんとかの旅行会社だから(名前忘れた・・)チップは不要とのこと。

途中でマンション内覧会の勧誘もされたので(予想通り・・ホテルの1Fにいる日本語担当ってこれメインだと思ってた)、そちらはお断りしましたけれど。

この人が宣伝するサービスを受けないと、この人にとってはサービス損なのではないか?と余計な心配をしてしまいますが、タイムシェア買える身分じゃないので要らんものは要らん(笑)

ABCマートで水着と夕飯を買う

到着後、旦那と赤ちゃんは疲れて爆睡。
時差ボケには寝ないこと!なんてよくいうけど、人間疲れたら寝ますよ。

私は一人で出かけて、ABCマートで水着を買いました。
売ってる水着はほとんどビキニ。上下39ドルで買えます。安いよね。

それと上から着るタンクトップを買いました。こちらも$10〜$15。

旦那が起きてからまた来て、夕飯にサンドイッチやスパムおむすび、エビのカクテル、瓶入りのスタバのフラペチーノなどを。

ワイキキは物価高いね。色々買って$30くらい払ったかな。

初日は疲れてしまっているので、子連れでは外食する元気はありませんでした。
美味しいものは二日目から食べよう。

ハイアットのファーマーズマーケット

この日は木曜日で、ハイアットリージェンシーでファーマーズマーケットをやっていました。

写真はないのですが・・・売られているものは果物、サラダ、マラサダ(ハワイアンドーナツ)、瓶詰めのコーヒーバターなどなど。

果物はカットしたものが$3〜でパック入りで販売されています。
フルーツの詰め合わせを買いました。パイナップルをはじめ、スターフルーツやドラゴンフルーツ、スイカ、メロンみたいな何か・・。

赤ちゃんはパイナップルとスイカを喜んで食べてました。

パイやパンも売られていましたよ。

夕飯を買おうかなと思ったんだけど、お肉類がなかったので結局ABCマートで追加しました。

時間帯による海の色の違い

海の色の違いが好きなので、並べて比較。

昼(午後)

夕方

早朝

やっぱりお昼の色が好きだな。
でも朝の青さも捨て難い。

私は太平洋側(宮崎)出身なので地元でもそうなんすけど、朝の海ってとても青いんですよね。

本日の出費

バーでランチ $30.48
ファーマーズマーケット $10(サラダ$3、果物詰め合わせ$3、マラサダ2つ $4)
ABCマートで夕飯 $28.38
水着 $40
タンクトップシャツ $15
————————
total 飲食:$68.86
お買い物:$55

赤ちゃんハワイ旅行記1日目:ANA787〜ANAスイートラウンジ〜パシフィックビーチホテル(現アロヒラニリゾート)
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする