スポンサーリンク

ハワイの浮き輪、ベビー&子供用は足入れ必須。オススメをご紹介


ハワイへ赤ちゃんや子供連れで旅行に行く場合、ホテルのプールや海で楽しもうという方は多いのではないでしょうか。ハワイで小さい子が水遊びする場合、プールでは腕用浮き輪、海では足入れ(股つき)浮き輪を使います。安全面から普通の浮き輪は禁止しているプールも多いため、あらかじめ用意しておきましょう。

スポンサーリンク

この記事の著者

author: フェニックスA子 / 子連れ旅行ブロガー

独身時代から海外一人旅が趣味。0歳つれてハワイへ行きました。旅行はプラン作りからが楽しみ。

ハワイの海では股つき(足入れ)浮き輪を

日本ではベビー浮き輪として売られている足入れ浮き輪(股つき浮き輪)。小さい子が抜け落ちないよう座面がついている浮き輪のことです。ドーナツ型からスワン型、ボート型と色々な種類があり、こういったものです。

ハワイの子供の浮き輪事情いろいろ

ハワイでは世界各国の赤ちゃんや子供が水遊びを楽しんでいます。子供の水遊びで気になることをまとめました。

プールによってルールが違う

ハワイのプールは場所によってルールが異なりますが、だいたいは普通の浮き輪の使用は禁止されているところがほとんどです。腕用浮き輪であれば使っても大丈夫でしょう。プールによっては足入れ浮き輪(股つき浮き輪)も使えるかもしれません。

プールで使える腕用浮き輪はこのようなものです。アームリングと呼ばれています。

海で使える浮き輪は?

決まりのあるプールとは違い、海であればどのような浮き輪でも使うことができます。ただ、波打ち際ほど引く波で揺れが大きく、波で浮き輪が転覆することもあります。親が支えやすく(持つところがあり)安定した形状のものを選んでください。

何歳までは足入れ浮き輪にしたほうがよい?

未就園児であれば確実に必要ですし、未就学児も泳げない子は浮き輪を使うのであれば、足入れ浮き輪にした方が良いでしょう。

ベビー浮き輪はレンタルできる?

ビーチ用品をレンタル(主に無料)で貸してくれるホテルは多いです。ただ、ベビー用の用意があるかどうか、在庫があるかどうかははわかりません。

ベビー用の浮き輪は特に胴回りのサイズがとても大事で、年齢が小さいほどその子に合ったものでなければ危険です。赤ちゃんとプールで楽しみたいのであれば、自前で用意するほうが確実です。

ベビー浮き輪は現地で買える?

ハワイのビーチ沿いにも多数店舗のあるABCストアでも浮き輪は売っていて、空気のはいったものを買うことができます。日本で売られているのよりもとても大きいものが多く、だいたい$15〜からあります。

ただ、少なくとも小学生くらいからのサイズが多いです。ある程度育ったお子さんなら現地で買うのも楽しいでしょう。

ちなみにハワイでは、日本で売られてるような多種多様なベビー浮き輪はあまり売られていないようです。足入れ浮き輪が必要な場合は買って行った方が良いでしょう。

足入れ浮き輪の選び方は?

足入れ浮き輪で大事なのは次の点です。

  • 胴回りのサイズ(大きすぎないこと)
  • ハンドルの有無(赤ちゃんが捕まるところ)
  • 浮き輪部分のサイズ(大きいほどよく、ドーナツよりも船型の方が安定)
  • 背もたれの有無(なくても良いがあると安定)

一番大切なのは胴回りのサイズです。座面シートがあるとはいえ、水に入ると水で体が浮きます。体が浮くとグラグラして前のめりや後ろに寄りかかる形になってしまい、バランスを崩して転覆します。

特に後ろに寄りかかってしまうと浮き輪の設計上危ないことが多く(丸い浮き輪は前に体重をかけることを前提としているため)、月齢の小さい赤ちゃんは背もたれ付きのものが安心でしょう。

浮き輪のサイズについても同じで、小さい子は浮き輪のどちら側に体重をかけるか予測できないため、丸いものより、ボート型や屋根付きの海上基地(笑)のような大げさなもののほうが安心です。

こういった点を気にすると、Amazonでベストセラーのベビー浮き輪がなぜベストセラーなのかがよくわかります。

ハンドルがついていて安定性があり、後ろによりかかっても沈まないよう背もたれ(浮力がある)がついており、熱中症にならないよう日よけまであります。

おすすめのベビー浮き輪(足入れ浮き輪)

上記で紹介したグリーンの船型のほかには、こんな足入れ浮き輪もあります。

ピンクで可愛い女の子向け足入れ浮き輪。

見た目が可愛いフラミンゴ浮き輪。

ユニコーンのおもちゃは海外の子供がよく持っているのを見かけます。キャラクター物にもユニコーンものが多いですね。現地ではユニコーン型の大型ボート浮き輪に乗っている子もいました。

車のデザインのものもあります。

また、足入れ浮き輪は空気量が大きく、口で膨らませるのはとても大変です。携帯用の空気入れポンプがあった方が良いでしょう。

まとめ

ハワイのプールや海で小さい子と遊ぶには、足入れ浮き輪(股つき浮き輪)が必須です。体にあったサイズでないとあぶないので、月齢が小さいほど用意していった方が確実でしょう。

スポンサーリンク
現40000マイルがもらえるキャンペーン中。ANA系最強、ANAアメックスカード

シェアする



おすすめアイテム




フェニックスA子

北海道に住む主婦(37)です。0歳10ヶ月の娘と初めてのハワイ旅行に行きました。家族構成は夫と娘。
独身時代は海外一人旅、今はファミリーでの子連れ旅行を楽しんでいます。帰省は北海道から九州まで日本縦断します。
好きな国(州)はハワイ、ドイツ、タイ、香港。