スポンサーリンク

旅行直前には見ておきたい!ホテル公式にはない「利用者が本当に知りたい情報」は口コミにある

旅行の行き先も決まって、いよいよ出発直前。そんな時に一度目を通しておきたいのが口コミサイトです。特にハワイのようなホテル密集地帯では効力を発揮します。

口コミサイトには、利用者みんなが気になる情報が埋もれています。
ホテルのバスタブはあるの?ドライヤーはある?コンセントは何口?持っていくとよかったアイテムは何?

この答えは、意外にも「部屋によって違う」とか、「公式には書かれていないけど、実はあらかじめお願いすると対応してくれる」といったものが多く、知らないと損する「旅行の落とし穴」になりがちな情報です。

このページでは、旅行直前に見ておきたい現地情報の賢い探し方を、トリップアドバイザーを例にご紹介します。

スポンサーリンク

旅行系口コミサイトの使い方

旅行に行く前に、「ホテル名+気になること」でググった経験はありませんか?

  • バスタブはある?可動式シャワーはついてる?
  • アメニティやドライヤーどんなのがあるんだろう
  • コインランドリーはあるのかな?
  • コインランドリーがないホテルだけど、近くに使えるランドリーはあるのかな?
  • 近辺のホテルのレストランも気になるけど場所から探すのがめんどくさい

どれも一般的にホテルの公式サイトには書かれていそうな情報です。

ただ、特にハワイを中心とした海外リゾートホテルなどの場合は注意が必要なんです。

部屋によって設備がまちまち、ある時もあるけどない時もある、事前に頼めば持ってきてくれる・・・こういった「バラバラ感」が普通に起こります。

公式サイトの写真にはソファが写っていたのに、実際に部屋に入って見るとソファないじゃん!!

ということもあるんです。

こういった情報の穴を埋めてくれるのが、口コミサイトなんです。

そして残念なことに、こういう細かな「本当に知りたい情報」は、口コミの中に埋もれてしまっていると、ググってもなかなかひっかからないんです・・・。

(個人ブログばかり検索にかかってしまい、情報が見つけにくかったり、実は載ってなかったり。)

トリップアドバイザーという旅行系口コミ+予約サイト

旅行系口コミサイトは様々なものがありますが、私が重視したいのはこんな点です。

  • 情報が新しいか(投稿している人が多いか)
  • 利用者が、写真付きで投稿できるか
  • できれば旅人の質が高く、説明好きな人(笑)が多く訪れている
  • 日本語以外の情報もあると、信憑性が高くて尚良し
  • ついでに知りたい周辺情報も簡単に探せること
  • 価格帯(部屋の値段やセール情報など)もついでに見れる

最近よく見ているトリップアドバイザーが、一番イメージに近い感じでした。



TripAdvisor (トリップアドバイザー)

「最安値を探すサイト」だが、実は口コミで本領発揮

トリップアドバイザーって予約サイトでしょ?もうホテル決めたし関係ないや。
と思ってスルーしていたんですが、しばらく見ていると口コミが本領発揮していることに気づきました。

私の場合は、ハワイのホテル情報、特にパシフィックビーチホテルに関する情報を探していました。

ホテルの価格だけでなく、部屋の写真やアメニティ、バスタブのあるなし、コインランドリー、周辺で人気のレストランについて調べていました。

これは、スマホから見た場合のホテルの情報画面です。

予約サイトらしく、最初には最安値情報が出てきています。
(これはこれで、利用価値がありますが)

しかし使えるのは、その下に続く情報のほうです。

口コミがやたらと多くて新鮮

こちらは口コミ情報のトップ。

ホノルルのホテルでは中堅なので、大人気というわけではないホテルですね。
日本人の客も結構訪れるところですが、名高いヒルトンやシェラトンに比べたらフツーのクラスのホテル。

総合3000件を超える口コミと、最新は昨日の情報です。
(しかも最低点数(笑))

こちらのサイトで良いのは、写真の投稿だけを追えることですね。

こちらは、利用者が投稿した写真です。
旅行が好きな人が気になるポイントって、必ずしもホテルが推している写真の部分ではなかったりします。

ラナイの椅子と机はどんなかんじ?とかね。

バスタブのあるなしとか。

ホテル公式が出している「一番良い写真」にはあったのに、実際に入って見たらこの部屋には無かった・・ということもザラ。

こういった利用者の写真から、実情が見えます。

例えば、クイーンズルームにはバスタブがある、という情報を拾いましたが、じつはある部屋とない部屋があるそうで。
本当はキングルームが良かったのに、バスタブ目当てでクイーンルームで妥協して、さらにバスタブがついていなかったら・・・

相当損するところでした。
(こういったケースでは、あらかじめメールでリクエストしておくと何とかしてくれる場合があります。)

他にも、コーヒーメーカーの種類とか、置かれているコーヒーの種類がわかる写真も投稿されていました。

意外と盲点になるコンセント。

こちらのホテルはリニューアルして間も無くのホテルで、ネット自体に写真が少ないのですが、口コミサイトには最新の情報がたくさんありました。

USBがあるので、タコ足をもっていかなくても足りそう。

こういう「持って行くと良いもの情報」も拾うことができます。

スポンサーリンク

近所のレストラン情報を人気も合わせてチェック

ホテルに泊まると、近くにどんなご飯屋さんがあるのか気になるところです。

特に観光地はホテルが密集しているので、せっかくなら近隣のホテルの中で一番いい感じのとこに行きたいですよね。

(もちろん、コスパや人気も含めた意味での一番いい感じ、です。)

レストランサイトや、ガイドブックから近くの店を探すのって結構めんどくさいんですよ。

こちらは、「周辺」を押したら出てくる画面。

近くのレストランの情報と、口コミの数と点数、価格帯が「¥ー¥¥」で表示されています。
気になるレストランを押すと、あとはホテルと同じように写真付きの口コミがたくさん。

非常に探しやすいです。

口コミは上から読むしか無いが、ついでにいろんな情報が拾える

欲しい情報の拾い方について。

例えば私の場合は、ホテルのランドリーが工事中のことは知っていたので、「代わりに使えるコインランドリーがないか」という情報を探していました。

探し方としては、口コミを順次読んで行くしかないのですが・・・。

自分が気になる情報は、たいてい誰かが気にしています。
無事、お世話好きな人が近隣のランドリー情報とその名前を教えてくれていました。

一つの情報を探して口コミを読み進めて行くと、ついでに色々な情報が入ってくるのも良いんです。

コインランドリーを探していたけど、洗濯も2時間くらいでやってくれるクリーニング店のようなサービスがある、とかね。

それもいいじゃん!と情報が連鎖して膨らんで行く感じは、口コミならではだと思います。

本来のトリップアドバイザー推し機能「最安値を探す」方法は?

トリップアドバイザーといえば、最安値でホテルを予約するサイトとして人気です。

こちらの機能は、指定した日時で様々なホテル予約サイトを一括検索してくれて、その価格を表示してくれるというものです。

ホテルサイトによって、結構違いがありますね。

テレビCMをよく打っているトリバゴなんかもこの系列のサイトです。

まあ、利用者としては安いの見つけられたらどのサイトからでもいいんですけどね。

特典クーポンがついてる

最安値の表示の下には、「特典」というものが表示されています。

こちらを押すと、ホテルによって様々な特典クーポンが表示されます。

こちらは、予約を二人ぶんの朝食つきにできるクーポンですね。しかも毎日。

予約のときにコードを入力すると特典が適用されます。

ホテルを決める段階でも参考になるサイトだと思います。


TripAdvisor (トリップアドバイザー)

旅行直前には見ておきたい!ホテル公式にはない「利用者が本当に知りたい情報」は口コミにある
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする