スポンサーリンク

オアフ島のワイアルアコーヒーファクトリーで新鮮な珈琲豆を!

オアフ島観光でもコーヒー工場に行けます。新鮮なコーヒー大好き!な家族がノースショア(ハレイワ近く)のコーヒー工場・ワイアルアコーヒーファクトリー(Waialua Coffee Factory)に行ってきたのでレポします。

挽きたてコーヒーの試飲・飲み比べコーナーもありましたよ。

スポンサーリンク

この記事の著者

author: フェニックスA子 / 子連れ旅行ブロガー

独身時代から海外一人旅が趣味。0歳つれてハワイへ行きました。旅行はプラン作りからが楽しみ。

ワイアルアコーヒーファクトリー(Wialua coffee factory)

ワイアルアコーヒーファクトリーはノースショア(ハレイワの少し郊外)にある、売店を併設したコーヒー工場です。元はシュガーミル(砂糖きび工場)だったそうで、コーヒーとチョコレートを売っています。

オアフ島の観光地として比較的訪れやすい場所にあります。
ハレイワ中心部から車で10分くらいでしょうか。レンタカーを借りているなら訪れたい場所です。

営業時間はだいたい9時〜17時。(最新情報はWebで確認を)


http://www.islandxhawaii.com

売店の入り口はこんなかんじ。
工場の建物をそのまま使っている感じですね。ちなみに中はクーラーなんてないので、夏はめっちゃ暑いです。

なお、コーヒー工場の見学ツアーもあるようです。農園というほどではないですが、ちょっとした栽培もしているみたいです。

私たちは時間がなく工場見学には参加できなかったので、レポは売店中心となります。

超新鮮!コーヒー工場で焙煎コーヒー豆を買いたい理由

ワイアルア・コーヒーファクトリーのコーヒー豆

ハワイと言えばコーヒー豆。
お土産品にコーヒーを買って帰りたいと考えている人は多いんじゃないでしょうか。

そんな人はぜひ、空港や街などのお土産品売り場に売っている豆ではなく、コーヒー工場のコーヒー豆を入手してみてください。

ワイアルア・コーヒーファクトリーのコーヒー豆売り場

美味しいコーヒーは鮮度が命です。正確には豆を焙煎してからの時間がどれだけ経過しているかが大事です。
通の言う飲み頃は「焙煎して1〜2日置いたもの」だそうで、そこからは時間が過ぎるごとに味が落ちていきます。

また同じ産地の豆でも出来栄えに違いがあり(傷が入っているかどうかなど)、良い豆を手に入れようとすると生産地である農園や工場に近いほど良いです。

そんなわけで、コーヒー工場で買う豆は鮮度も良く良質で、焙煎されてから時間の経っていない新しいものを置いているので、わざわざ足を運ぶ価値もあるというものです。

スポンサーリンク

コーヒーの試飲コーナーで焙煎方法の違いを味わう

ワイアルア・コーヒーファクトリーのコーヒー試飲・飲み比べ

コーヒーは焙煎度合いによって味が変わってきます。

ワイアルアコーヒーファクトリーのショップでは、豆の加工方法や焙煎時間ごとにコーヒーの飲み比べができる試飲コーナーがあります。

ポットの左から、Natural Processの浅煎り、深煎り、Washed Processの浅煎り、深煎りと並んでます。

コーヒー豆のNatural Process(自然加工法)とWashed Process(洗浄加工法)

Natural Processはコーヒーの生豆を皮付きのまま乾燥させたもの、 Washed Processは洗浄処理してから乾燥させたものですね。

こんな説明書きがありました。

私のコーヒーの好みは、苦味のあるミルク似合うもの。飲み比べしてみたら、Washed Processの深煎りが美味しいと思いました。

逆にコーヒー豆の甘みや酸味が好きな夫はNatural Processが美味しいと言ってました。

びっくりしたのが、淹れて時間がたったもの(ポットに保存してあるもの)なのにとても香りが良く美味しいということ。
豆が違うだけでこんなに違うものなんですね。

売店のコーヒー豆はプロセスや焙煎度によって違うものが売られているので、ラベルをよく見て好みのものを買ってください。

ピーナッツバターやジャム、チョコなども

コーヒー・ピーナッツバター

ワイアルアコーヒーのピーナッツバター(コーヒー入り)

お店にはコーヒー以外にも色々なお土産品が売ってます。

ピーナッツバターはコーヒーとトーストの朝食にも合うのでお土産に良いと思います。
コーヒー豆入りのコーヒー・ピーナッツバター。

コーヒーの香りがするピーナッツバターという感じでした。お子様向けではないけれど美味しいです。とはいえ、小学生くらいなら問題なく食べれると思います。

瓶詰めのジャムやバター類

お土産に良いサイズの小さいジャムやバターも置いてました。
小さい瓶は、家庭用としては少し小さいので友達へのばらまき用かな?

値段は3~5ドルくらいはしたので、数をばらまくには重くて高いかもしれないですけどね。

コーヒービーンズチョコ

コーヒー豆をチョコでコーティングした、コーヒービーンズチョコなどが売ってます。

ただ、ハワイはご存知の通り暑いので・・・私たちは溶けずに持って帰ることができましたが、お土産にするには気を使いますね。
売り場にもチョコ系はそんなにたくさんは置いていない感じでした。

中は暑い!シェイブアイスやアイスキャンデーを。

ワイアルア・コーヒーファクトリーのシェイブアイス売り場

コーヒー売店ではシェイブアイスやアイスキャンデー、ドリンクも売ってます。
売店は大きな工場跡のような建物にあるのですが、クーラーなくて扇風機だけなので暑い!

8月だったので汗だくです。
そんなときはシェイブアイスやアイスキャンデーを食べましょう。

私はアイスキャンデーを食べたので、シェイブアイスの写真はないのですが・・(笑)
近くで説明してたガイドさんによると、ここのシェイブアイスはシロップが手作りで美味しいらしいですよ。

ワイアルア印のソーダ・ドリンクも

ワイアルアコーヒーファクトリーのバニラソーダ

冷え冷えのソーダが売ってました。ワイアルアのラベルがついているので、街の特産品なのかこの工場の特産品なのかはわかりませんが。

色々なフレーバーがあったのでバニラ・ソーダを。
味はゲロ甘です(笑)

アイス食べてさらにこれも飲みました。太りそうだけど、とにかく暑かったので(笑)。

土曜の朝はCO-OPマーケットがある様子

コーヒー工場の近くには公園があり、夕方にはライブをやってました。近所の人の憩いの場になっているようです。

土曜の朝にはCO-OPマーケットがあると看板が出ていましたよ。(ファーマーズマーケットみたいなもんですかね?)

時間が合う方は土曜にいってみるといいかもしれません。

まとめ

ワイアルアコーヒーファクトリーは、ハレイワ地方(ノースショア)にあるコーヒー工場です。新鮮な焙煎コーヒーを買うことができます。

試飲コーナーで焙煎プロセスごとに飲み比べをしてみて、好みの味を買うことができるので、現地に足を運ぶ甲斐もあるというものです。

ハレイワ地方を車で訪れる方はぜひ行ってみてください。このためにレンタカーを借りると言うのもアリです。

ワイアルアコーヒーファクトリーからワイキキ方面へ戻る時の旧道。

美しい景色を楽しめるので、レンタカードライブもなかなか良いですよ。

【オアフ島一周】ドライブルート&経由地と所要時間(ゆったりコース)
【オアフ島一周】ドライブルート&経由地と所要時間(ゆったりコース)
ハワイ旅行でレンタカーを借りて、オアフ島を一周ドライブをする時のおすすめルートと、各地での所要時間をまとめています。 ワイキキを出発し...
スポンサーリンク

シェアする



おすすめアイテム




フェニックスA子
北海道に住む主婦(37)です。0歳10ヶ月の娘と初めてのハワイ旅行に行きました。家族構成は夫と娘。 独身時代は海外一人旅、今はファミリーでの子連れ旅行を楽しんでいます。帰省は北海道から九州まで日本縦断します。 好きな国(州)はハワイ、ドイツ、タイ、香港。