スポンサーリンク

ハワイのオアフ島ドライブのコツ【その1:右車線と交差点】

ハワイで初めてのドライブを楽しみたい人への、ハワイドライブノウハウ集その1です。
左ハンドルで右車線を運転する場合のコツと、交差点での注意点について説明します。

ハワイで初めてのドライブを楽しみたい人にとって、左ハンドル、かつ右車線運転は敷居が高いものです。

私自身が初めての左ハンドルでオアフ島一周した体験から、運転のポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

ハワイでのドライブ、初心者には不安がたくさん

ハワイで海岸線をドライブしたい、という思いは多くの旅行者が持っていることでしょう。
でも、ハワイで左ハンドルで右車線で標識もわからず、しかもレンタカーという不安・・・・

諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

私の場合は初のハワイドライブで、ワイキキから出発してオアフ島を東回りに一周するルートを、通しで一人で運転しました。
左ハンドルも、右車線もこの日が初めてです。

事前に下調べはしたものの、最初はとてもドキドキしたし死ぬんじゃないかと思いました。

それでもなんとかハイウェイにもフリーウェイにも乗り、流れに乗って時速100kmは飛ばしたかと思います。

結果的に、なんとか死なずにすみました(笑)
なので、そのノウハウをまとめていきます。

ハワイのドライブは自由で素晴らしいものです。
勇気を出して、運転してみてはいかがでしょうか。

なお、お急ぎの方はこの本に大体の情報は載ってます。

スポンサーリンク

右車線と左ハンドル

実際に運転すれば慣れる

ハワイは右車線を走り、ハンドルは左側です。

日本と比べて、すべてが反転している状態です。

実際に運転するとわかるのですが、これは車道に出れば次第に慣れます。
なので、それほど心配することはありません。

周りの車もすべてそのスタイルなので、自分だけ違う行動をとるという方が人間難しいものです。

車線の中央より左に自分を置こう

日本では、自分(運転手)の位置が車線の中央右側に来るように運転しています。

これが、左ハンドルの車だと、運転手の位置が車線の中央左側に来るように運転しなければなりません。

私たち日本人は、無意識で「運転手自身が車線の右寄りを走るよう」位置調整してしまうため、左ハンドルに乗ると車が右寄りになってしまいます。
ハワイでは、妙に車線右寄りを走っている車をたびたび見かけます。おそらく日本人でしょう。

常に、自分が車線の中央より左寄りに居るように意識しましょう。

ただ、ハワイは「左ハンドル&右車線」です。
無意識に車が右寄りになってしまったとしても、対向車が走る方向とは逆に寄るので、それほど危険ではありません。

自分(運転手)の位置が、常に車線の左寄りになるよう意識する
中央分離線が、自分のすぐ左に来るよう心がける

右折と左折(交差点を曲がる)

ハワイでは右車線を走るため、右折が近くてやりやすく、左折が遠くてやりにくくなります。

右折は、赤信号でも通過できる右折専用レーンがあるため簡単です。
注意すべきは左折のときです。
曲がった後に、うっかり日本と同じ左車線に入りがちだからです。

右折は楽。専用レーンで信号待ちしなくていい

ハワイでの右折は、日本でいうところの左折と同じ簡単さです。

自転車やバイクの巻き込みさえ気をつければ、対向車とは逆側になるので簡単です。

また、ハワイでは「右折専用レーン」がある交差点が多く、赤信号でも専用レーンから右折することができます。

ハワイでは自転車に乗っている人も多いので、右折の時は巻き込みに注意しましょう。

左折は曲がった後に左車線に入らないよう注意

注意すべきは右折です。

ハワイでの左折は、日本でいうところの右折と同じ難しさがあります。

交差点中央で対向車が切れるのを待ち、対向車レーンと横断歩道を超えて左折します。

このとき、「左折した後も右車線に入ること」を意識しなければなりません。

曲がった後には、「中央分離帯を超えた向こう側の車線」へ入るのです。

日本の感覚につられて、うっかり左車線に入ってしまうと、対向車との正面衝突の大事故になるので最も危険なポイントです。

右折は簡単。専用レーンで赤信号でも右折可能
左折は危険。曲がった後も右車線へ!
自転車も多いので、右折時は巻き込みに注意

交差点を直進するときは右折車の割り込みに注意

ハワイで青信号の交差点を直進することは、実は安全ではありません。
ここも日本と違うところなので注意!です。

先の項でも書きましたが、「赤信号でも右折専用レーンからは右折できます」。

つまり、「青信号で交差点を直進する場合でも、右から右折車が入ってくる」のです。

気を抜いていると、びっくりして急ブレーキを踏むことになります。

右折レーンから交差点に進入してくる人は、のんきに出てきます。
直進車が自分を見ていて、減速してくれるだろうと思っているのです。

譲り合いの精神を持ち、右から出てきそうな車がいたら念のため減速しましょう。

交差点では青信号の直進でも、右折レーンから車が割り込んでくる
道路の右車線(遅い方)を走る時は、右折車の割り込みに注意

左ハンドル車はウィンカーが左、ワイパーが右

外国の車(ISO規格車)は、ウィンカーのレバーとワイパーのレバーが日本と逆についています。

左右に曲がるためのウィンカーは、左手で操作します。
右手で操作するレバーは、フロントガラスの雨を避けるワイパーです。
(ISO規格の外国車であれば、右ハンドル左ハンドルに関わらずこうなっています。)

曲がろうとしてウィンカーを出したつもりが、ワイパーが動いて焦るということがよくあります。

他の項目はそのうち慣れるのですが、ウィンカーレバーの左右だけはなかなか慣れないものです・・・。

曲がりたい時は考えることが多いので、注意していきましょう。
ウィンカー間違えたときも、焦らず周りを見ることです。
(焦って、ウィンカーを出さずに曲がるのは危険です。)

まとめ

右車線、左ハンドルでは、何もかもが日本と左右逆になります。
でもしばらく運転すれば慣れてくるので、そんなに心配することはありません。

注意すべき点は以下のとおりです。

  • 運転手が常に車線左寄りに位置するよう意識すること
  • 左折時に、曲がった後も右車線に入ること
  • 右折専用レーンがあり、赤信号でも右折可能
  • 直進時に、右折レーンから車が割り込んでくるので注意
  • ウィンカーレバーは左手

初心者でも安全に、ハワイでのドライブを楽しみましょう。

第二弾はこちらです。

ハワイのオアフ島ドライブのコツ【その2:信号と道路標識】
ハワイのオアフ島ドライブのコツ【その2:信号と道路標識】
ハワイで初めてのドライブを楽しみたい人への、ハワイドライブノウハウ集その2です。 交差点での信号の種類と、道路標識の種類で特徴的なもの、気...
ハワイのオアフ島ドライブのコツ【その1:右車線と交差点】
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする