スポンサーリンク

アロヒラニリゾートワイキキビーチ・プレミアオーシャンフロントの部屋を紹介!(旧パシフィックビーチホテル)

2017年に大幅改装しオープンしたアロヒラニリゾートワイキキビーチ(旧・パシフィックビーチホテル)のプレミアオーシャンフロントに泊まりましたので、写真付きで紹介します。

これ以上ない眺めのお部屋で、設備も清潔でした。

(なお、私たちはリニューアルオープン直前の2017年8月に宿泊しましたので、当時の名前は旧パシフィックビーチホテルでしたが、部屋はアロヒラニリゾートの設備と同じです。)

スポンサーリンク

アロヒラニリゾートワイキキビーチ(旧パシフィックビーチホテル)

アロヒラニリゾートワイキキビーチ(ALOHILANI RESORT WAIKIKI BEACH)(旧パシフィックビーチホテル)は、ワイキキビーチ沿いにあるオーシャンフロントホテルです。

ワイキキビーチに並ぶホテル群の中でも東側に位置していて、クヒオビーチの目の前になります。

2017年に旧パシフィックビーチホテルが大掛かりなリニューアルを行い、全ての部屋がリノベーション済み、ロビーやバーやレストランも全て新しくなり、名前を変えてオープンしました。

私たちが泊まった8月の時点では全ての部屋がリニューアル済みでしたので、本記事の写真はリニューアル後の部屋となります。

プレミアオーシャンフロント(キングベッドルーム)

プレミアオーシャンフロントは、海を真正面に臨むお部屋です。私たちは16階に宿泊しました。

こちらがお部屋から見た海の眺めです。時間はちょうどお昼過ぎ(13時くらい)。

眩しすぎる海の色で、海に合わせて写真を撮ろうとすると部屋が暗くなります。

プレミアオーシャンフロント(高階層)からの景観

アロヒラニリゾートワイキキビーチのプレミアオーシャンフロント(16階)のラナイから見たワイキキビーチの眺めです。

正面はクヒオビーチのど真ん中です。

右手を見るとワイキキビーチ沿いのリゾートホテル群を一望できます。

左手にはダイヤモンドヘッドがあるのですが、このプレミアオーシャンフロントルームからはあまりよく見えませんでした。(印象に残らないレベル・・)

ダイヤモンドヘッドを楽しみたい方には、ダイヤモンドヘッドオーシャンビューというクラスの部屋があるのでそちらがオススメです。

ハワイの海の景観を楽しみたい人には、何の文句もない眺めだと思います。

ラナイ

プレミアオーシャンフロントのラナイには、白い椅子が2つありました。

広さはさほど広いというわけではありませんが、二人で座ってのんびりと海を眺めることはできます。
色はすべて白で統一されていて、清潔感があります。

テーブルはありませんが、ちょっとしたドリンクや食べ物を置ける台はありました。

また、隣の部屋とはきちんと壁で区切られているので、プライベートは保てます。

なお、クヒオビーチから見上げると、ラナイの様子は割とはっきりと見えます。

キングベッドルームの部屋は広々

お部屋の写真は、綺麗なものは公式サイトにあるのでサイズ感がわかる程度です。

すでに散らかしてしまった後で申し訳ないのですが・・・(笑)

プレミアオーシャンフロントには、キングベッド1台の部屋か、クイーンベッド2台の部屋があります。

私たちは赤ちゃんがいたので、挟んでねれるようキングベッドルームを選びました。

部屋が広いので荷物を広げられる

キングベッドルームは、ベッドの幅がクイーン二台の部屋よりは省スペースになるため、部屋の空きスペースは多くなります。

部屋自体が広いので、スーツケース(大きなもの1つ)を広げて、さらにベビーカーをおいても通路が通れる状態にできました。

写真には写っていませんが、もう一箇所、ベッドの右側にスーツケースを広げられるスペースがあります。
スーツケース二つの旅でも余裕を持って過ごせます。

スポンサーリンク

シャワールーム(部屋により異なる)

シャワーにバスタブが付いているかは、特に子供連れには気になるところです。

このお部屋は、バスタブと呼べるかどうかわかりませんが・・・浅いバスタブのような造りになっていました。

バスタブとして浸かる人はあまりいないとおもうので、衛生的に少し嫌な感じはしますが・・・

赤ちゃんを座らせて、ゆっくりと体を洗うことはできました。
赤ちゃんをお風呂に入れるなら、このようなバスタブでも無いよりずっとマシです。

バスタブがある部屋もある

バスタブの有無は、部屋によって異なるようです。
また、全てのキングベッドルームが私たちが泊まった部屋と同じ作りになっているとは限らないので、気になる方は事前にホテルに問い合わせて見ることをオススメします。

私たちはバスタブの部屋を指定したかったので、メールで問い合わせたところ

「プレミアオーシャンフロントのキングベッドルームでは、バスタブはない」

と言われてしまいました。

クイーンベッドルームなら、バスタブのお部屋も選べるのかもしれません。

アメニティ

こちらはバスルームのアメニティ。

シャンプーとコンディショナー、固形石鹸、ボディスポンジ(おそらく・・使っていないのでわかりませんが)がありました。

固形石鹸はとても香りがよく、使い心地が良かったです。

バスローブ

ワードローブにはバスローブが用意してありました。

さらっとしていて、暑いハワイでも使いやすいです。

空調(エアコン・クーラー)

空調は各部屋で操作できるようになっています。
冷房はめちゃめちゃ効きます。

赤ちゃんには寒すぎるくらいなので、寝るときは切ったりつけたりしていました。

少なくとも、部屋が暑いという不満はないでしょう。

コーヒーメーカー

お部屋には、コーヒーメーカー(ドリップマシン)とコーヒー・緑茶のパックが置いてありました。

普通に美味しかったです(絶品というわけではないですが・・)。

コーヒーメーカーのお湯はミルク作りには向かない

赤ちゃん連れのノウハウとして、「コーヒーメーカーがあるホテルに泊まれば、それでお湯が沸かせる」という口コミを見かけました。

コーヒーを入れずにコーヒーメーカーを動かせばお湯が沸かせるので、ミルクを作るときに便利という話です。

私も試して見ましたが、このマシンではうまくいきませんでした・・。

こちらのコーヒーメーカーはパック式のマシンなので、一度でもコーヒーを淹れてしまうとどうしてもコーヒーの成分がついたお湯がでてきてしまうのです。

残念ながらミルク作りには使えませんでした。

最近のコーヒーメーカーは、こういったパックを挿入して使う形式のものが多いので、コーヒーメーカーでミルクのお湯を取ることができる製品は少ないと思います。

まとめ

アロニラにリゾートワイキキビーチのプレミアオーシャンフロントは、真正面にクヒオビーチを臨む最高の景観のお部屋です。

また、部屋のサイズもシェラトンなど他のホテルと比べて広めなので、ゆったりと過ごすことができます。

アロヒラニリゾートワイキキビーチ・プレミアオーシャンフロントの部屋を紹介!(旧パシフィックビーチホテル)
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする