スポンサーリンク

赤ちゃん飛行機虎の巻:持ち物リストと離乳食


sC      赤ちゃんを連れてはじめて飛行機に乗るときって緊張しますよね。
忘れ物がないか、機内での行動を想像しながらチェックして行きましょう。

特に離乳食時期の赤ちゃんに機内でご飯を食べさせたい場合は、十分に想像して用意をしておくとよいです。

このページでは機内での持ち物リストの整理と、機内での離乳食の食べさせ方をまとめます。

スポンサーリンク

この記事の著者

author: フェニックスA子 / 子連れ旅行ブロガー

独身時代から海外一人旅が趣味。0歳つれてハワイへ行きました。旅行はプラン作りからが楽しみ。

目次

「赤ちゃん連れで飛行機に乗る人向けマニュアル」シリーズは、飛行機に乗るまでの流れ別に、次の記事に分かれています。

必要なところからお読みください。

赤ちゃん飛行機虎の巻。国内線&国際線対応!
赤ちゃん飛行機虎の巻。国内線&国際線対応!
赤ちゃんを連れての帰省・旅行で、はじめて飛行機に乗る場合、赤ちゃんもパパ・ママもとても緊張するものです。 しかし、心配することはありま...
赤ちゃん飛行機虎の巻:座席と航空会社の選び方
赤ちゃん飛行機虎の巻:座席と航空会社の選び方
はじめて赤ちゃんを連れて飛行機に乗るときにまず大切なのは、航空会と座席の選び方です。 機内で快適に過ごせるかどうかは、ほとんどは機体と...
赤ちゃん飛行機虎の巻:チェックインから搭乗まで
赤ちゃん飛行機虎の巻:チェックインから搭乗まで
赤ちゃんを連れての飛行機の旅、空港での過ごし方から搭乗までの流れを説明します。 空港は赤ちゃんや子供連れには最高のサービスレベルを持っ...
赤ちゃん飛行機虎の巻:機内での耳抜きと過ごし方
赤ちゃん飛行機虎の巻:機内での耳抜きと過ごし方
赤ちゃんを連れて飛行機に乗るとき、機内で周りの方に迷惑をかけないよう気を使うものです。 また赤ちゃん自身のためにも、離着陸時の気圧の変...
赤ちゃん飛行機虎の巻:機内での耳抜きと過ごし方
赤ちゃん飛行機虎の巻:機内での耳抜きと過ごし方
赤ちゃんを連れて飛行機に乗るとき、機内で周りの方に迷惑をかけないよう気を使うものです。 また赤ちゃん自身のためにも、離着陸時の気圧の変...

赤ちゃん連れ飛行機に乗るときの持ちものリスト

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るときにあると良いものを、機内での過ごし方とともにリストにまとめました。

分類 ポイント オススメの方法
赤ちゃん連れで飛行機に乗るときの行動と持ち物リスト
機内 ミルク CAさんにお湯をもらえる。JAL、ANAでは作ってもらえる
授乳 授乳ケープ、なくても前びらきカーディガン+授乳シャツでいける
オムツ おむつ交換台つきのトイレあり(固定箇所)
食べ物 予約すればベビーミールあり(国際線)
おもちゃ CAさんが何かと協力的。子供向けオモチャ、絵本、毛布、飴玉、蓋つき紙コップ+ストロー
服装 羽織りものより、うちわ(扇子)の方が大事(暑い)
小さい機体and満席時はアイスノンがいるレベル
離着陸 耳抜き 高度の変化につれミルクなどを飲ませる
音対策 イヤーマフは低月齢ならあっても良い、短時間なので無くても可
持ち物 バッグにあると良いもの ミルク用品、授乳ケープ、ベビーフード(瓶づめのもの、お弁当式のもの、バナナ)、おやつ、扇子、アイスノン(春〜秋)、イヤーマフ(低月齢)
機内で貰えるもの ミルクのお湯、お手拭き、紙コップとストロー、飴玉、絵本、毛布、紙おむつ(MまたはL、枚数に限りあり。臨時用)(予約時のみ:ベビーフード)、おもちゃ(幼児向けが多い)

飲み物は配給を待たなくても言えばいつでも貰える(離着陸時を除く)

機内での離乳食はどう与える?

赤ちゃんの食事は機内で与える?我慢させたほうがいい?

赤ちゃん連れで飛行機に乗る時、心配なのがミルクや食べ物です。

国内線はそんなに長時間乗らない場合もありますが、時間帯によっては赤ちゃんのお食事の時間とかぶる時があります。

機内でのベビーフードは周りに迷惑がかかるかも・・と思う方もいるかもしれませんが、赤ちゃんのことを思えば遠慮する必要はありません

機内では退屈になってぐずってしまう可能性もあるので、食べることが好きな赤ちゃんはベビーフードを用意しておくのも手です。

一人で膝上の赤ちゃんに食事を与えるのは難しい

一人での搭乗で隣に座る人が他人の場合、まともな食事をさせるのは至難の技です。

暴れるとスプーンに乗せたものが飛んで行ってしまったり、赤ちゃんの手足が隣の人のエリアまで飛び出てしまうからです。

食事はこぼれないもの散らからないものとして、バナナやスティック状のお菓子あたりが良いでしょう。

ただし国際線の場合は時間が長く、お菓子でごまかすわけにもいきませんのでCAさんに相談して席を代わってもらうか、遠慮せず食べさせてください。

オススメは瓶詰めかお弁当形式

ベビーフードには瓶詰めタイプのものがあります。主にペースト状のものが多いです。
機内は狭く、通常のパウチ型の離乳食をタッパーやお皿に移し替えるのは難しいので瓶詰めタイプのものが良いでしょう。

途中で蓋をするのも簡単です。(瓶のフタは一度開けるときっちりと閉まりませんが、ないよりはましです。)

少し月齢が進んだあたりからは、お弁当型のものが売っています。
プラスチックのカップが2つ入っていて、小さなスプーンもついているのでこれだけで食事ができます。

月齢としては9ヶ月向けのものから出ています。

ただ、この商品はプラチックのパックなみなみいっぱいにご飯がはいっているので、溢れないよう気をつけないといけません。

また国際線に乗る予定の人は、持ち込める離乳食に肉や肉エキスが入っていては持ち込めませんので注意してください。

海外用の離乳食についてはこちらにまとめています。(7ヶ月、9ヶ月、12ヶ月〜のページで分かれています)

ハワイへ持ち込みできる離乳食リスト【生後9ヶ月〜】
ハワイへ持ち込みできる離乳食リスト【生後9ヶ月〜】
赤ちゃんとの海外旅行(ハワイ)に持ち込める離乳食を調べて、月齢ごとにリスト化しました。 肉、卵、乳を含んだものは持っていけません。たと...

最強の離乳食はバナナ

食べさせにくい機内での離乳食、最強の食事はバナナです。国際線のお弁当でもよく見かけました。

皮を向けばそのまま食べれて、手に持てるのが良いですね。

赤ちゃんを膝に乗せるとテーブルが使いづらい

機内では離着陸時以外はテーブルを使うことができます。

ただし赤ちゃんを膝に抱いていると、かなり使いづらいです。
まず狭いこともありますし赤ちゃんが手を出してしまったり、足で蹴飛ばして蹴り上げてしまいます。

離乳食を与える場合はテーブルは使えないことを前提としたほうが良いでしょう。

隣に家族が座る場合は隣のテーブルは使えます。ただ赤ちゃんがそちらに手を伸ばそうとすると簡単に届いてしまう距離ですので、家族の協力は必至です。

スポンサーリンク

機内でのミルクの作り方

機内でミルクを与えたい場合は、普段通りに調乳できます。
ただ飛行機のCAさんが手伝ってくれる場合がほとんどですので、遠慮なく声をかけてみましょう。

ミルクごと作って貰える(JAL、ANA)

少なくともJALとANAでは、ミルク瓶とミルク粉を渡せばCAさんがお湯をいれてちょうどいい温度にしてくれます。

(離着陸時を除く)

その他の航空会社は直接聞いてみてください。日本の航空会社であれば(LCCでなければ)快く対応してもらえるかもしれません。

自前で水とお湯の水筒を持っていかなくて良いとなれば、機内の荷物も減るので助かりますね。

耳抜き対策

耳抜きとは、離着陸時の気圧の変化で耳がキーンとならないために、唾を飲み込んだりミルクを飲むなどして耳に空気を通すことを言います。

赤ちゃんの場合自分でこれができないので、ミルクを与えたり授乳したり、水を飲ませたりすると良いでしょう。
寝てしまった場合は、耳たぶを後ろに引っ張ってあげると良いです。

また小さい月齢の赤ちゃん(主に半年以内)の場合や、大きな音が気になる赤ちゃんの場合はイヤーマフをつけると良いでしょう。

こういったものです。

うちの赤ちゃんも6ヶ月で飛行機に乗るときにこれを買いましたが、 途中までつけてくれたものの途中から嫌がってはねのけてしまいました。

音が気にならない子もいるようです。音が原因で泣くことはありませんでした。(他の原因では泣きましたが・・・)

機内でもらえるおもちゃ

機内でもらえたANAのおもちゃ

機内でのおもちゃといえば、JAL・ANAとも気合を入れているアイテムだと思います。

子供づれで乗るとおもちゃをもらえます。その時機内にあるおもちゃシリーズから1つ選んでいいよと言われてカゴを見せてくれます。

大体の場合親が楽しみにしていると思います(笑)

上の写真のお絵かきボードは、幅広い月齢・年齢で楽しめる優れたアイテムです。
うちの子は10ヶ月くらいでこれをもらいましたが、1歳過ぎた今ようやくハマっています。

大事に使っています。

それから、親がもらって嬉しかったのがANAのB787トランプ。

機内でもらえたANAのおもちゃ(B787トランプ)

私としては記念にとっておきたかったのですが、結局赤ちゃんにぐちゃぐちゃにされてしまいました・・・(笑)

この他小さな飛行機ビニール風船も何度かもらいましたね。
残念ながらすぐにしぼんでしまう作りでしたけど、子供は喜んで振り回したり舐めたりしていました。

飛行機のおもちゃは、乗るたびの楽しみでもあります。

国内線でも新しい機体にはディスプレイあり

ANA国内線・機内の座席ディスプレイ

2017年11月に乗ったときのものですが、ANA国内線の新しい機体では座席ごとのディスプレイがついていました。

まだ数は少ないと思いますがこれは子連れには嬉しいですね。

映画や音楽、雑誌なんかも見れるようになっていました。

ANA国内線・機内の座席ディスプレイ

この機体にはANA Wi-Fiもついていました。
新しい機体がもっと増えると良いですね。ちなみに東京〜函館線でした。

まとめ

赤ちゃん連れで飛行機に乗る時の持ち物と、離乳食やおもちゃについてまとめました。

持ち物については普段のお出かけと変わらず、必要であれば授乳ケープがいる程度です。
飛行機特有のものでいうと、耳抜きのための飲み物やおしゃぶり、防音のためのイヤーマフ程度です。

機内でもらえるものや貸してもらえるものが多いので、普段の外出荷物より少なくても良いかもしれません。

離乳食には注意が必要なので、事前にシミュレーションしていきましょう。

最後に、赤ちゃんが泣いても周りの人は案外不愉快には思っていません
同年代の方などは心配してくれていることが多いです。気楽に行きましょう。

赤ちゃんと快適な機内の旅を楽しんでください。

スポンサーリンク
現40000マイルがもらえるキャンペーン中。ANA系最強、ANAアメックスカード

シェアする



おすすめアイテム




フェニックスA子

北海道に住む主婦(37)です。0歳10ヶ月の娘と初めてのハワイ旅行に行きました。家族構成は夫と娘。
独身時代は海外一人旅、今はファミリーでの子連れ旅行を楽しんでいます。帰省は北海道から九州まで日本縦断します。
好きな国(州)はハワイ、ドイツ、タイ、香港。