スポンサーリンク

赤ちゃん・子供のパスポートの申請方法や必要書類は?母子手帳と保険証でOK

赤ちゃんや子どもを連れて海外旅行をする場合、まず最初に必要なことはパスポートの申請です。
パスポートは生まれてすぐの赤ちゃんであっても、一人一つ必要です。

赤ちゃんのパスポートは、母子手帳健康保険証があれば申請できます。
また、申込書はパパやママが代理で書いて申請しますが、受け取りの際には赤ちゃん本人が同行する必要があります。

このページでは、赤ちゃんのためのパスポートの取得方法をまとめます。

スポンサーリンク

赤ちゃん・子供でもパスポートは必要!

生まれてすぐの赤ちゃんでも、パスポートが必要になります。

パスポートの申請方法は基本的には大人と一緒です。
写真と申請書類があれば、赤ちゃんのパスポートは親が代理申請できます。

まだ小さな赤ちゃんでも、パスポートは立派な身分証明になります。
子供のうちは免許証がないため、通常の公的な身分証明書は。マイナンバーの個人カードくらいしかありません。

パスポートを作っておけば強力な身分証明になるので、何かあった時も安心ですね。

赤ちゃん・子供のパスポートの有効期間は5年のみ

パスポートの有効期限は、大人であれば5年間か10年間から選択できます。

しかし、子供(20歳未満)のパスポートは5年のみとなっています。
外見がすぐに変わってしまう、ということもあるのでしょうね。

パスポートの更新は、期限切れの1年前から可能です。

パスポートの残存期間が半年を切ってしまうと、申し込みできない旅行会社もあるため、兄弟のいるお子様の場合は特に、有効期限に注意が必要です。

5年という有効期限は更新も含めると案外短いため、はやめに更新手続きをしておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃん・子供のパスポート申請に必要な書類

パスポートの申請から受け取りの流れは、大人と同じです。
パパやママが未取得の場合は、家族分一度に申請してしまうのが良いでしょう。

必要なものは以下の通りです。

  • 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
  • 戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通
  • 住民票の写し 1通
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
  • 身元確認書類(運転免許証等)

身元確認書類とは、以下のものです。

  • (ア)1点で良い書類(一部省略)
    マイナンバーカード(通知カードは不可)、運転免許証、船員手帳など

    (イ)2点必要な書類((ア)の書類がない場合)
    AとBの各1点、又はAから2点を提示してください。

    A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)等

    B:次の内写真が貼ってあるもの
    学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

    -外務省ホームページより
    (http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html)

赤ちゃん・子供の場合は、身分証明として使えるものが限られてきます。
マイナンバーカードを申請している場合はその1点で良いですが、これがない場合は次の2つの組み合わせでいけます。

  • 健康保険証
  • 母子手帳

この2点はどんなお子様でも持っていると思いますので、安心ですね。

外務省の必要書類の書き方は少しわかりにくく「母子手帳」の文字は記載されていませんが、私はこの2つで申請できました。

最大の難関、赤ちゃんのパスポート写真

赤ちゃんのパスポートを作る際の最大の難関は、証明写真を撮ることでしょう。

証明写真機では椅子の高さが足りないし、じっと座っていることもできない(そもそも座れない場合が多い)ため、

  • 写真館で撮る
  • 自宅で撮る

といった選択肢があります。

プロが撮ってくれる写真館が安心ではありますが、月齢によっては写真館ですら至難の技・・・

という方におすすめなのが、自宅でスマホのアプリで撮影をして、コンビニのプリンタ(複合機)で印刷する方法です。

これなら、何度でも撮り直しができますし、リラックスした環境でとるので赤ちゃんの表情も安定します。

赤ちゃん用のパスポート写真を自宅で撮る方法はこちらの記事をご覧下さい。

赤ちゃん用パスポート写真、スマホアプリで撮ってコンビニ印刷する方法を詳しく解説。
赤ちゃん用パスポート写真、スマホアプリで撮ってコンビニ印刷する方法を詳しく解説。
赤ちゃんのためにパスポートを作る際に、一番困るのが写真を撮ることです。 赤ちゃんでも、パスポートを取得するためにはきちんとした写真が必...

赤ちゃん・子供のパスポートの発行手数料はいくら?

赤ちゃんと、子供のパスポートの発行手数料は、次の通りです。

だいたい中学生(12歳〜)からは料金が上がります。

赤ちゃん・子供のパスポート発行手数料
年齢 期間 合計金額 収入証紙代 収入印紙代
20歳以上 10年 ¥16,000 ¥2,000 ¥14,000
12歳以上 5年 ¥11,000 ¥2,000 ¥9,000
0〜11歳 5年 ¥6,000 ¥2,000 ¥4,000

受け取りは赤ちゃん本人が出向く必要があります

パスポートの申請書類は、(当然ですが)大人が代行して記載します。

サインも代筆で記載することになります。(書き方は申請書類に例として提示されています)。

基本は親がやってしまえば良いのですが、受け取りの時だけは赤ちゃん本人がその場にいる必要があります

受け取りの窓口まで、ベビーカーや抱っこ紐で連れて行きましょう。

赤ちゃんのパスポートができると、国際的に存在を認められたようで、なんだか嬉しいですね。
赤ちゃんも一人一つのパスポートを持って、楽しい旅行にでかけましょう。

赤ちゃん・子供のパスポートの申請方法や必要書類は?母子手帳と保険証でOK
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする