スポンサーリンク

赤ちゃんに海外旅行保険は必須!どんな料金が補償対象?


赤ちゃんとの海外旅行では、必ず赤ちゃんの海外旅行保険に入ってから行ってください。私の赤ちゃんはハワイで急に発熱して手足口病になりました。

このページでは赤ちゃんの海外旅行保険の大切さと、保険に入るとカバーされること、されないことをまとめます。

スポンサーリンク

この記事の著者

author: フェニックスA子 / 子連れ旅行ブロガー

独身時代から海外一人旅が趣味。0歳つれてハワイへ行きました。旅行はプラン作りからが楽しみ。

赤ちゃんの海外旅行保険

海外旅行中に病気やけがになってしまうと、海外では日本で使うような社会保険や国民保険が使えません。治療費、入院費などは全額自己負担となります。

うっかり旅行保険に入らずに海外にいって病気やけがをすると、何百万何千万というお金を払わなければならない事態になるかもしれません。

特に赤ちゃんは病気になったり熱を出したりする可能性が大変高く、急いで治療しないと奇特な状態になってしまうため、大人と比べても海外旅行保険は必須中の必須と言えます。

赤ちゃんの海外保険も、大人と同じように一人分の旅行保険に入る必要があります。
ファミリー型の保険では、親が入れば子供も補償対象となるものもあります。

旅行先と旅行日数を指定して入る

海外旅行保険について簡単におさらいをしましょう。

海外旅行保険は、行先と日数を指定してその期間だけ保険に入るという形式です。
日数は日本の自宅を出発してからになるので、前泊、後泊する人はその分の日数がプラスとなります。

保証範囲は保険にもよりますが、たいていは日本の家を出発してから(空港までの道中を含む)、帰国してその後の一定期間の病気の発症までが保証されます。

疫病をもらってきて帰国してから発症した場合でも、保険の適応内となります。

予防接種をすべて打っていない、免疫の弱い赤ちゃんが入らなければならない理由がよくわかりますね。

スポンサーリンク

海外旅行保険はどんな時に使う?

海外旅行を実際に使うシーンを想定してみましょう。

うちは赤ちゃんがハワイで手足口病をもらい、そして現地で発症してしまったのでその経験も含んでいます。

参考までに私たちが入った保険は「損保ジャパンの海外旅行保険 off!」でした。

病院の紹介と受付手続き(代わりに電話してくれる)

ハワイで病院にかかりたい場合、サポートセンターに電話をすると次のようなことをしてくれます。・症状の聞き取り(病院へ伝えるため)

  • 付近でかかれる病院の紹介(選びたい場合は選べる)
  • 救急病院を受診したいか普通の小児科を受診したいかの選択
  • 病院に電話をして受診の申し込み
  • 現地の医者への通訳の手配(電話)

何もわからない状態で電話をしても、すべて至れり尽くせりで対応してくれるということですね。

小さい子供の具合が悪いと親はパニックになってしまうので、これはありがたいです。

タクシーの代金の支払い(立て替えて後払い)

病院へはタクシーなどで向かいましょう。レシートをもらっておけばあとから保険会社から料金が返ってきます。
レシートをなくしても、メモ用紙などにだいたいの金額を書いて提出すれば代金を支払ってもらえます。チップも込みで払ってもらえます。

病院での医者への通訳(代わりに電話してくれる)

病院について受付で名前と保険会社から申し込んだことを言うと、既に情報が伝わっていてスムーズに受付ができます。

私たちの時は、受診室に入るとすでに医者が保険会社の手配した通訳と話をしていました。これで基本的なことは伝わりますが、その後の問診は直接会話で行います。

(参考までに、私たちはカピオラニメディカルクリニック(小児科対応の救急病院)を受診しました。)

英語ができない場合でも、ディスプレイに医者が通訳ソフト(Google翻訳など)を通じて話をしてくれます。

熱が出た、痰が絡んでるなどの医学用語はたいてい単語で検索すれば出てくるので、言いたいことがあれば自前でもスマホの翻訳アプリなどを見せて会話するとよいでしょう。

診療費の支払い(立て替えなくて良い)

病院での代金は保険会社から病院に直接支払いされます。

受診した私たちは、何も払わずに病院を後にすることができます。
薬局で薬をもらう場合がほとんどなので、処方箋だけもって帰ることを忘れないでください。

薬局での薬の支払い(立て替えて後払い)

薬局で買う薬の代金は立て替える必要があります。

私たちの場合は1週間分の解熱剤、抗生物質などで$35ほどでした。薬局ではカードも使えますので安心してください。

国内に戻ってからの通院、投薬、タクシー代金

国内に戻ってから通院した分も、同じ病気の延長であれば支払われます。
通常は対象外となるような記載がされているので、対象としたい場合は電話で確認するのが確実です。
私たちの場合は、ハワイから羽田空港について羽田で一泊する予定で、その時に日本の病院にかかったため旅行期間内であったことも考慮されたのかもしれません。

国内での受診は診断書が必要な場合も

ちなみに新たに発症した病気の場合診断書の提出が必要な場合がほとんどです。この場合診断書の文書料がかかってしまうため、あまり得にはならないかもしれません。

私の場合、赤ちゃんの手足口病はハワイ現地で発症したので、国内でかかった受診分も診断書は必要ありませんでした。
ただし親(私)に病気がうつって帰国後に発症した場合は診断書が必要となります。たいしてプラスにならなかったので、私の分は保険料の申請はしませんでした。

海外旅行保険の支払い対象はこんな代金

海外旅行保険で支払われる代金をまとめると、次のようなものです。

  • 海外での病院への往復タクシー代金
    (復路に寄った薬局のタクシー代も)
  • 海外での病院での治療費
  • 海外での薬局での薬代
  • 帰国後の治療費、薬代(受診に有効期間あり)

意外と広い範囲が対象となりますね。
入っておくと、大病でなくとも(風邪レベルでも)十分な金額が出ます。

海外旅行保険に入っていて安心だったこと

私たちが実際に赤ちゃんの病気で海外旅行保険を使ってみて、よかったと思う点を書いてみます。

現地で何もわからなくても大丈夫

現地で病院の下調べをしていなくても、電話すればすべて何とかしてくれます。
ただし病状についての判断や相談は、普段かかりつけの日本の小児科へ電話でコンタクトをとれるようにしておいたほうが良いです。

24時間対応、時間外でも病院を手配してくれる

電話対応が24時間対応なので、夜中に突然吐いたり発熱したりしても安心です。
夜間で受診できる救急病院への手配をしてくれます。

また、夜間に電話をしても救急病院をすぐに受診するか、明日の朝に普通の小児科を受診するかも選べます。

海外旅行保険だけでは足りなかったこと

海外旅行保険の範囲ではカバーできなかったことについて、注意のためまとめてみます。

病院を受診するべきかの相談(小児科救急電話相談)

日本にいると、小児科救急電話相談として「#8000」のサービスがあります。
短縮番号なので日本国内からでないと電話できません。

こんなときは緊急受診かどうか知りたい場合、同様のネットサービスを見るという手があります。

「こどもの救急」外部Webサイト

こちらのサイトでは、この症状のときは緊急で病院を受診したほうがいいか?を調べられます。

日本時間で病院が開いている時間であれば、かかりつけの小児科医にアドバイスをもらうのが一番でしょう。
ハワイの夕方は日本では昼なので、夜間の体調不良でも時間によっては電話がつながります。

タクシーの手配

病院までのタクシーは自分で手配するしかありません。ホテルであればフロントに頼めば呼んでくれます。

また病院から帰る場合のタクシーも、窓口の人に頼めば手配してくれます。

それでも、必ず自分でタクシーの番号を調べておくようにしましょう。

私たちの場合は一度薬局へいったのですが、1つめの薬局が時間外で閉まっていました。
薬を手に入れるため次の薬局へ行きたかったのですが、タクシーが呼べず困っていました。
結局道を走っているタクシーを夫が拾ってくれましたが、ハワイのワイキキエリアで流しのタクシーを拾うのは困難です。

あらかじめタクシー会社の番号を控えておきましょう。

薬局を見つけること

病院で処方箋をもらってから薬局へいくのですが、夜間の場合すぐに薬がもらえる薬局を探すには、病院の窓口で聞くしかありません。

窓口の人によっては結構アバウトなことを言います。薬局は3つあるけど、たぶんここは時間外でも開いてる、みたいな感じです。

自分でWebサイトをみても、薬局は開いていても処方箋窓口は閉まっているという罠もあります。私たちはこれで大変困りました。

おすすめのハワイの薬局はWalgreens(ウォルグリーン)

薬局の受付時間は、上に書いた通りはっきりわからないことがあります。

店舗によってまちまちだったり、処方箋受付とドラッグストアの営業時間がまとめて書かれていたりするのです。

私たちがいった薬局はアラモアナセンターより少し北側のウォルグリーンでした。

このページに、地図と営業時間が載っています。夜もファーマシー(調剤薬局)が10時まで開いています。

ウォルグリーン カピオラニブルーバード店

ファーマシーとドラッグストアが一緒になったお店で、ドラッグストアにはパンやおにぎりも売っています。
赤ちゃんの急な受診で食事どころじゃなかった人も多いと思うので助かりますね。

海外旅行保険は必ず入っておきましょう。

スポンサーリンク
現在30000マイルがもらえるキャンペーン中。ANA系最強、ANAアメックスカード

シェアする



おすすめアイテム




フェニックスA子

北海道に住む主婦(37)です。0歳10ヶ月の娘と初めてのハワイ旅行に行きました。家族構成は夫と娘。
独身時代は海外一人旅、今はファミリーでの子連れ旅行を楽しんでいます。帰省は北海道から九州まで日本縦断します。
好きな国(州)はハワイ、ドイツ、タイ、香港。