スポンサーリンク

初めての街のホテル予約はこれ!Booking.comを長年愛用している私がお勧めする理由

初めての旅先が決まると、ワクワクしますよね。

地図を見ながら、街はどんな構造になっているのか、どこにホテルや飲食店があるのか、あれもこれも楽しみたい・・・そんな妄想が膨らみます。
そんな時に便利なのがBooking.comというホテル予約サイトです。

地図を中心としたナビゲーションで、土地勘を得ながら情報を広げていくことができます。しかもセール情報が日替わりでどんどんでてきて、見るたび安い!

周遊の旅が好きな私が、自信を持ってお勧めできるホテル予約&ナビゲーションサイトです。

Booking.comというワールドワイドなホテル予約サイト




世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

海外旅行をする人なら目にしたことがある人も多い、Booking.comというホテル予約サイト。

「世界最大の宿泊サイト」というだけあって、膨大な登録数のホテルから、好みのホテルをうまくみつけて、その場で予約できるという便利なサイトです。

私が最初にこのサイトを使ったのは7年ほど前になりますが、特に知らない街に初めていくときのシチュエーションに強く、長年愛用しています。

その理由を含めて、Booking.comのお勧めの使い方をご紹介していきます。

地図でホテルの場所を一覧!驚きの掲載数

こちらは、ワイキキビーチにあるホテルを地図で一覧表示したものです。

場所と日時からホテルの空き状況を検索すると、アプリではこのように表示され、点をクリックをするとホテルの詳細が表示されるようになっています。

次々とクリックすることで、近隣のホテルの価格帯や人気を比較しやすくなっています。

ビーチリゾートなど、特に場所からホテルを選びたい場合に強いです。

「ビーチ沿いのホテルがいいんだけど、価格がちょっと高すぎる・・他に、付近で妥協できるホテルはないかな?」

という探し方をする場合に、使いやすいですね。

ホテル掲載数が多く、日本のガイドブックでお決まりのホテル以外にも、マイナーなホテルもたくさん掲載されているので、掘り出し物も見つかります。

多くは「キャンセル無料」、気が変わっても大丈夫

このサイトの良いところは、キャンセル無料のホテルが多く掲載されているところです。

海外旅行だと早めに決める人が多い一方で、早めにホテルを予約してしまうと途中で気が変わったり、旅程が変わった時に困るというリスクがあります。

でも、早く予約しないと良いところは無くなってしまうのが海外旅行。

キャンセル無料なら、気軽に予約することができます。

昔から「街を中心としたホテル探し」に強かった

Booking.comが「はじめての街に強い理由」が、街の中心からの距離が表示されているところです。

ホテルの写真の下に、「460m」などの距離が表示されています。
街の中心からの距離になるので、便利さのひとつの目安になります。

ガラケーだった時代は、この数字を中心に一覧から確認したりしていたので、その名残なんでしょうか。
今となっては、スマホでぽちぽちと地図を押せば情報が出てくるので、そんなに重要なものではなくなってしまいましたけどね。

スポンサーリンク

アプリでご紹介するBooking.comの使い方

Booking.comの使い方を、スマホアプリを例にご紹介します。
画面はスマホアプリですけど、もちろんパソコンや普通のスマホブラウザでも同等の機能が使えますよ。

(最も使いやすいと思うのがアプリなので、記事ではアプリベースで紹介しています。)

開くたび変わる!?デイリーセール情報をキャッチ

さて、これまでご紹介した画面にも、セールの文字や目立つアイコンがちらほら出ていたことにお気づきの方もいるでしょう。

本日のスマートセール」や、「Genius割引あり!(良いクラスのホテルだけど割引があるよの意味)」といったアイコンが表示されています。

Booking.comはホテルのセール情報が多いです。

どういうタイミングでセールにしているのかはホテルのみ知るところですが、見るたびにセールだったり、セールじゃなかったりします。

行きたいホテルが決まったら、チラチラ見ておくのが良いです。

36%OFFや、半額近くになっている部屋もありますよ。

しかも、部屋指定なしなどではなく、ばっちりオーシャンフロントの部屋もセールに出ていたりするので見逃せません。

一度予約した宿でも、後日見てみたら更に安いセールが出ていて、予約しなおしたこともあります。

色々比較してるうちに訳わからなく・・そんなときはリスト管理

ホテルを探す時に、優先したい項目って実はたくさんあります。

オーシャンフロントがいい、でもコンドミニアムも気になる、でもプールが良いところもいいな・・・などなど。

気になるホテルをあれこれクリックしているうちに、どのホテルの何が良かったのか、特徴がわからなくなってしまうことも良くあります。

そんな時に便利なのがリスト管理

好きな名前のリストを作って、ホテルを「お気に入りリスト」として登録しておくことができます。

私の場合は、「オーシャンフロント」「コンドミニアム」「その両方」を分けて管理しました。
(やっぱり両方は高い・・・)

後ほど、リストを見直すとこんな感じに表示されます。

セールをチェックする際に利用していました。

似たようなホテルが多いので、こうでもしないと覚えていられないんですよね。

ガイドブックよりリアルな街の情報ナビ

そして、知らない街に強いという理由が、ナビゲーションのコンテンツにあります。

メニューの一番上に「旅行ガイド」というものがあります。

ガイドブックのようなものなのですが、このコンテンツがなかなか面白い。

現在は、ホノルルのホテルを予約しているのでこのように表示されています。
(この他にも、いろいろな都市のガイドが見れるので、旅好きな方なら暇な時にでも眺めたい・・・と思えます。)

ホノルルの情報として、「観光名所」「宿泊施設の周辺」「この街の秘密」「エリア・地区」「街の見どころ」が表示されています。

この街の秘密って・・・気になりますよね。
こちらはどうやら、誰かがお勧めしたいスポットやジョギングコース、ちょっとしたお店などのいろんな情報が掲載されているスペースのようです。

観光名所の欄をクリックするとこんな感じ。
このコンテンツは予想通りの内容で、文章による説明や地図、他の旅行社からの耳より情報(いわゆる口コミ)がまとめて表示されます。

これがあれば、ガイドブックいらずですね。

そして、この街の秘密をクリックするとこんな感じです。

観光名所やポップコーン店、ジョギングコースなどなんだか雑多なものが並んでいますね。
ちなみに、宿泊施設からの距離、というところはアウトリガーリーフワイキキビーチリゾートからの距離が表示されていました。
(何故かはわかりませんが・・・中心地にあるからでしょうか。予約しているホテルとは関係ないようです。)

まとめ

いかがでしょうか。Booking.comのお勧めの使い方を紹介してきました。

地図を中心とした機能が使いやすく、知らない街に旅をする時に便利なサイトだと思います。
地図ベースで探すと、探しているうちに街の土地勘を得やすいですしね。

パソコンやブラウザベースでも同等の機能が使えます。
パソコンであれば、もう少し情報も多く、マウスクリックもしやすくて見やすいかなと思います。

旅先からも手軽に見れるアプリがお勧めです。

旅行の前に、一度目を通して見てください。




世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

初めての街のホテル予約はこれ!Booking.comを長年愛用している私がお勧めする理由
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする



ハワイで使うならJCBカード