スポンサーリンク

ANA特典航空券・ハワイ路線の条件まとめ(必要マイル数、シーズン、発売時期、空席待ち等)

ANAの特典航空券でハワイに行きたい人向けに、必要な情報をまとめました。

特典航空券に必要な条件として、いくらマイルが必要なのか、シーズンはいつからいつまでなのかといった情報や、予約の開始時期、空席待ちができるかなど。

こういった情報を公式から拾うのは、なかなか骨が折れます。

変更があった場合は、随時更新していきますが、最新情報は公式ホームページをご覧下さい。

特典航空券の交換条件まとめ(ハワイ)

特典航空券でハワイに行きたい人向けに必要な情報を記しています。

シーズン表(概要)

日本ーハワイ路線のシーズンの概要です。

シーズンの日程は毎年変わってきますので、こちらをご参照ください。

ANA 国際線特典航空券 概要

具体的な日付はその年のカレンダーによりますが、シーズンの分け方はざっと次のようなルールに沿っています。

ANA国際線特典航空券 日本ーハワイ:シーズン表(概要)
シーズン 日程の概要
L:ローシーズン 正月明け〜2月末、4月〜4月末(GW前)、5月GW明け〜5月末
R:レギュラーシーズン 3月、6月〜7月末数日前、8月20の週〜12月クリスマス前
H:ハイシーズン 1月正月過ぎまで、7月末〜8月20の週、12月クリスマス前〜年末いっぱい

必要マイル数

日本ーハワイ路線の特典航空券の必要マイル数です。

ANA国際線特典航空券 日本ーハワイ:必要マイル数
Lシーズン Rシーズン Hシーズン
Y(エコノミー) 35000 40000 43000
C(ビジネス) 60000 65000 68000
F(ファースト)

赤ちゃん、子供の必要マイル数

座席を占有する場合は、大人と同じだけのマイルが必要となります。

2歳未満の赤ちゃん・子供で、親に膝にだっこして乗る場合、幼児料金の航空券を別途買うことになります。
この場合は、マイルの支払いは必要ありません。

幼児料金の航空券は、大人料金の10%です。

特典航空券を使用できない期間

ハワイ路線では使用できない期間は少なく、2018年まではハワイ現地初の1/1〜1/2のみです。

スポンサーリンク

特典航空券の取り方

発売時期はいつから?

予約開始は、1年前からになります。

なお、往復で同時に予約する場合、帰路の希望日についても特典航空券の予約が開始されている必要があります。
(下記の赤線部分)

ご搭乗の355日前(ご出発日含まず)の午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前までお申し込みになれます。
ただし、旅程全区間の申し込み開始後、ご予約を承ります。

ーANA特典航空券(国際線)
https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/award/int/application.html

空席待ちはできる?

片道につき1席分の空席待ちができます。
ただ、一人分がとれていて、もう一人分を同一の路線で空席待ちしたいケースではできないようです。(下記の赤線部分)

空席待ちは、片道につき1便お預かりします。
ただし、空席待ちをご希望の便と同一区間に座席が確保できている便がある場合、空席待ちは承れません。

ーANA特典航空券(国際線)
https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/award/int/application.html

いつから予約すればいい?夏直前の予約状況は?

ハワイ路線は最も人気の路線ですので、1年前の発売開始時点で争奪戦になります。

開始時刻にWEBブラウザで待機して、争奪戦に参加しましょう。

エコノミーより先にビジネスが埋まります。
(普通に乗ると高いですからね・・。)

空席待ちを狙う場合、シーズンオンでもオフでも直前にならないと空きがでないようです。

14日前を過ぎてからでも空きがでることもあるので、行きたい日程があれば空席カレンダーを日々チェックしておきましょう。

特典航空券とツアーの併用と、マイルをスカイコインに交換して使う方法については、こちらの記事に記載しています。

ANA国際線特典航空券と海外ツアーは併用できる?取れない場合のマイルの使い方 | 子連れdeトラベル
ANAの特典航空券を使って旅行をしたい場合、ハワイなどの人気の路線は1年前から席が埋まってしまい、なかなか席を取ることができないのが現状です。 一人分しか取れなかった(あるいはマイルが貯まらなかった)けれど、家族旅行に行きたいというケースもあります。 このような場合に、特典航空券と海外ツアーを併用する方法をお教えします...

特典航空券をキャンセルするとマイルは戻るの?

往復とも未使用でマイルを払い戻したい場合(特典航空券をキャンセルしたい場合)は、手数料として一人あたり3000マイルが消費されます。

この3000マイルは、有効期限が古いマイルから消費されます。

ただし、使用したマイルのうち、払い戻しをする時点で既に期限切れを起こしたマイルがある場合、そのマイルは戻って来ず、有効期限が残っているマイルから取り消し手数料分の3000マイルが消費されます。

公式サイトはこの部分の説明が少しわかりにくいので、別の言葉で説明してみました。

公式の説明を合わせてご覧いただき、誤解のないようご確認ください。

ANA特典航空券・ハワイ路線の条件まとめ(必要マイル数、シーズン、発売時期、空席待ち等)
この記事を気に入ったら いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
「子連れdeトラベル」を応援しよう

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

フォローする



ハワイで使うならJCBカード